集団指導塾に向いている生徒

競争で成績が伸びやすい生徒

学校では友達と仲良く勉強するイメージがあるかもしれません。公立の中学進学を目指す子であれば受験もありませんし和気あいあいと勉強するでしょう。その一方で中学や高校となると高校や大学受験があり楽しく勉強するだけでなく周りに負けないよう勉強する気持ちも必要になります。受験に向けて塾に通わせるときにはどんなタイプかを選ぶ必要がありますが、周りに負けない気持ちを持っている生徒であれば集団指導塾だとより成績が伸びそうです。集団指導塾では同じような成績の子が同じクラスで勉強しさらに成績表なども貼りだされ競争しやすい環境があります。もっと上に行きたいと思ったり成績を落とさないようにと思うなど勉強意欲を維持する仕組みが整っています。

自発的な勉強ができない生徒

かつての塾と言えば学校と同じように集団で授業を受けるタイプが主流でしたが今は個別指導塾も選択できます。同じ塾と言っても生徒によっては合う合わないがあるので勉強意欲などで選ぶ必要がありそうです。生徒の中には自発的に勉強ができる人とできない人ががいますが集団指導塾に向いているのはできない人になるでしょう。個別指導塾は一人で黙々勉強し更に講師に質問して成績向上を狙います。自発的な勉強ができなければ授業時間が無駄になるかもしれません。集団指導塾では自発的に勉強ができなくても授業をしっかり行ってくれますし宿題や試験などの課題も与えられます。塾の方から勉強のきっかけをしっかり与えられるのでそれをこなせば成績アップできるでしょう。