個別指導塾を選ぶ際のポイント

講師が何人の生徒を指導するか

個別指導塾と集団指導塾があり集団指導塾は学校と同じように一人の講師が多くの生徒に同じ授業を行います。個別指導は個々の生徒が独自の課題を行いそれに対して講師が個別に指導する仕組みが取られています。個別指導塾にもいくつかの種類があり、完全にマンツーマン体制を取っているところもあれば一人の講師が複数人の生徒を同時に指導するところもあります。完全マンツーマンなら授業中常に講師が様子を見てくれ的確な指導をしてもらえるので学習効率が上がるでしょう。講師が一度に見る生徒が多ければどうしても一人当たりの指導時間が短くなるため成績が伸び悩むかもしれません。講師が何人の生徒を指導するかをチェックしてできるだけ少ない人数の塾を選ぶようにしましょう。

プロの講師かアルバイトの講師か

塾に通わせるときには授業料が必要で家計によってはあまりかけられないときもあるでしょう。授業料が安いところもあれば高いところもあり講師の質で授業料に影響するところもあります。個別指導塾は集団指導塾に比べると在籍する講師数が多くその分運営コストも高くなりがちです。その上で授業料を安くしようとすると講師にアルバイトを採用せざるを得ずプロの講師をそろえる塾に比べると授業の質が悪くなる可能性があります。授業の質は後回しで価格を重視するならアルバイト講師が中心の塾でもいいのでしょうが、価格は高くでもできるだけ質のいい授業をしてもらいたいならプロしか在籍していない塾を選んだほうがいいでしょう。進路指導でもプロとアルバイトでは差があるのでどちらを選ぶかは大きな違いになりそうです。